主婦のオーストリア生活記~in Graz~

夫の仕事でオーストリアに行くことになったアラサー主婦。 オーストリアに行くまでと行ってからの奮闘記。

戸籍謄本の認証

今日はドイツ語に翻訳してもらった戸籍謄本を認証してもらうため、オーストリア大使館に行ってきました。

もう何回目だろう…すっかり行き方もマスターしてスムーズにオーストリア大使館へ(^^)/事前に電話で問い合わせ、必要なものは翻訳済みの戸籍謄本と認証料4,960円!(これは7月現在のレートなので、月が変わると都度確認が必要とのこと)

領事がいればその日に認証してもらえるとのことでしたが、通常は2~3日かかるとのこと。また行くのは面倒なので、返信用にレターパックを買って準備!

 

オーストリア大使館に着くとビザ申請の方が2人ほどおられ、少し忙しそう。しばらく待って書類を確認してもらうことに。お釣りのないように認証料を渡して、待機(・∀・)

レターパックを渡そうとしたら、いつ返せるか確認しますのでお待ち下さいと言われ…待っていると「30~40分お待ちいただけるようなら今日お返しできます。」とのこと。

え?!今日領事さんいはるんや…!じゃあ待ってます!!ということですぐに返してもらえました。レターパック用意したけどいらなかった…( ;∀;)

でもすぐにもらえたのでよかった★

 

他の方のブログを見ていると戸籍謄本の翻訳をオーストリア大使館の顧問弁護士にお願いすると自分で大使館に認証してもらいに行かなくてもよかったような…?よくわからずトランスユーロさんにお願いしたのですが、まぁ結果できたのでよかったです。ちなみにドイツ語への翻訳料は返信用封筒代も含めて9,000円でした。

ビザの取得とアポスティーユ

やーっとこさ、旦那さんのビザが取得できました!

よかったー!!

書類が全部揃ってからは一週間もかからず連絡があり、代わりにパスポート等を受け取りに行って、無事完了しました。

戸籍謄本についても外務省にアポスティーユをもらいにいきました。申請書を書いて、提出。次の日には受け取り可能とのことでスムーズでした。今は指定されたところに翻訳をお願いしている状況です(・∀・)

 

そして、無犯罪証明を取るために警察署へ。指紋をとられました!

都道府県によって少し異なるようですが持ち物は

①パスポート②免許証③無犯罪証明が必要であることがわかる書類

③について私達の場合は、在留許可に必要なのでオーストリア大使館のHPのコピーと在留許可の申請書が求められました。

こちらも2日ほどで連絡が来たので、あとは受け取りにいくのみです。でも無犯罪証明についてもアポスティーユが必要なので、また外務省に行く予定です。

 

着々と準備が整ってきたようなそうでもないような…

不安もあるけど楽しみ(*´▽`*)

海外留学保険について④

海外旅行保険について!とりあえずの完結編。

オーストリア大使館や留学先の大学に問い合わせ、やはりオーストリアで保険に加入する必要があるとの回答をいただきました。

でも、Dビザの取得に保険が必要なのでDビザの期間である半年の保険に入ることにしました(^^)/

以前にも紹介していた東京海上日動の保険です!半年だと二人で17万円ぐらいで加入することができました★

それで、向こうで在留許可申請をするまでに保険に入って繋ぐようなイメージです。そもそも3カ月までの滞在はビザが不要ですし、6カ月の滞在に旦那さんの場合はDビザ(私は不要)、6カ月以上の滞在に在留許可が必要なので順にこなしていくこととなりました。

幸いオーストリアでの保険も紹介してもらえたので、向こうに行ったら加入しとうと思います!

そんなこんなでビザの申請に再度向かい…しかしここでも通帳のコピーが足りないと言われたので、後日郵送することにしました。そして今は審査待ちです(´▽`)

無事に行くといいんですが…問い合わせておいてもあれがこれがと言われるので少しびびってます。

でもとりあえずは目処がたったからよかった(・∀・)あとは戸籍謄本を外務省に持って行ってアポスティーユをお願いして、無犯罪証明を取って…まだいろいろあるけど在留許可申請にあたり必要なのでそちらも順次やっていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビザ申請(ビザD)について必要なもの
(2017年7月現在なので、詳しくはホームページを確認)

①申請用紙

ホームページからダウンロードできるので、事前に記入しておく必要あり。間違っているところや不足分は窓口で指摘される。

②パスポート

未使用ページ数が最低2ページ必要、ビザの有効期間より3カ月以上有効期限の残存があること。

③パスポートのコピー

写真のページがあれば大丈夫。

④最近の写真

パスポートサイズのものが必要。

⑤旅行保険証書

回収されるのでコピーを渡す。保険の窓口でもらった証書はそもそも印刷したものだったので、コピーか原本か見分けがつかない感じだった。

⑥雇用証明書

在職証明書(給料や雇用期間がわかる書類)を英語もしくはドイツ語で準備する。

⑦フライト予約確定書

予約確定ページを印刷したもの。

⑧宿泊の証明、ホテルの予約

グラーツに行く前にウィーンで1泊することにしたため、そのホテルの証明も必要だった。滞在期間のすべての証明が必要。

⑨充分な資金の証明、通帳6カ月分の残高証明)

6か月分の通帳のコピーが必要。資金があればいいというわけではなく、生活の証が必要なため、給与振込のある通帳のコピー。原本も持参して確認してもらう。

*返信用封筒はパスポートを自分で取りに行く際は不要。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後また海外に滞在する時の備忘録のため。

 

海外留学保険について③

またしても海外留学保険について!

海外留学保険に加入後、オーストリア大使館へビザの申請に旦那さんと行ってきたのですが、「先日在留許可申請の際の保険の要項が変わりました。」と紙をもらいました。

「え?突然?」と思いながら見てみるもよくわからず…後日更新されたオーストリア大使館のホームページを見ると

健康保険加入証明書(オーストリアの健康保険(強制、任意)、あるいはそれに匹敵するオーストリアで有効な、支払い保証付きの無制限の健康保険;注意:海外旅行保険は不可になりました)

 

www.bmeia.gv.at

とのこと。えー?!( ;∀;)

てことは私たちの加入した保険では対応できない。

どんな保険なら対応できるのか、旦那さんがオーストリア大使館にメールで問い合わせたところ電話連絡をいただき、オーストリア国内でもまだ曖昧なようで確約できる情報が現時点では大使館にもないとのことでした。

保険の窓口や保険会社に問い合わせたところ、まだ保険の補償期間になってないので、解除する場合今なら全額返金される。

とりあえずはオーストリア大使館が過去に有効だった保険会社のリストを連絡いただけるとのことで連絡を待つことになりました。そして、オーストリアでお世話いただく方にも情報をいただけないか連絡してみることに。

 

在留許可の資格がそんなに急に変更になったりするなんて!オーストリアに行ってから変更になってたら大変なところでした|д゚)

問い合わせた皆さんはとても親切に対応して下さりよかったです。

これからオーストリアに長期滞在される方はお気を付けください!!

海外留学保険について②

先週から悩んでいた海外留学保険について!

やっと決めました、加入しました!!

東京海上日動のものに(・∀・)

決め手はやはり家族プランが組めたこと。

提携している病院が少ないのではないかという不安ですが、保険会社に実際に問い合わせてみると

「提携していない病院とも、交渉することが可能です。」

とのこと。

なので病院にかかる際は連絡して指示を仰げば、うまくいけばキャッシュレスでいけるとのこと!グラーツは田舎だけど、一応第二の都市だし、個人病院ばかりではないだろうからそれで対応することにしました。

私も旦那さんも今まで海外で病院にかかったことはないし、どうしてもの時はしょうがないので日本語で対応してもらえるし会社もよく知ってて安心ということで決めました!

しかもプランを見直してもらったら、結局35万円弱で加入することが出来ました。

治療・救援費用は各自3,000万円ずつということですし、特に希望はしてなかったけど死亡保障も出るみたいなので良いかなぁと(^^)/

ちなみにもうアラサーなので子供どうしようかとか実は悩むのですが、妊娠や流産等の補償は出ないとのことでした。やっぱり海外で子供を産むって、向こうの会社で働いてるとかで向こうの保険に入ってないと難しいみたいですね。

 

前回保険の窓口で言われていた日本で加入している保険ですが、こちらも海外で治療した時にでるので一安心。

問い合わせてみると私がひまわり生命で加入していたものは海外に行くときは代理人届が必要でした。日本での連絡先とのことで、母にお願いしました。

旦那さんのは契約者がお義母さんのままなので特に手続きは必要ないとのこと。みなさんも長期で海外に行かれる際は海外留学保険だけではなく国内で加入されている保険についてもよく確認されておくほうがいいかもしれませんね!

いざディズニーランドへ

先週末に久しぶりにディズニーランドに行ってきました!!

2~3年振り(^^)/関東からだと近くていい★

開園前から並んでビッグサンダーマウンテンのファーストパスを取り、ジャングルクルーズウエスタンリバー鉄道に乗り、トムソーヤ島にも行きました。早めにご飯を食べてゆっくりとショーを観たり、初めてピーターパンとピノキオの乗りものにも乗りました(´▽`)最後にはスプラッシュマウンテンでびしょ濡れになり…(笑)

 

今までだったらもっとアトラクションにいっぱい乗って、買い物して、がメインだったけど歳をとったのかのんびりと過ごしました。それなりにディズニーランドには行ってたけど、意外と初めてのことがたくさんありました。

しかも朝早くから頑張ったからか17時にはディズニーランドを出て夜ご飯は外で焼肉。歳とったなぁ…前みたいに走り回れなくなってる。

 

でものんびり過ごすのも楽しかったから歳を重ねるのも悪くないのかな。同じようなテンションで旦那さんがいてくれるのもありがたいですね(*^^*)

まぁまぁお高いポップコーンのケースが迷いなく買えるようになったのは歳を重ねたおかげかも(*´ω`*)BB‐8ゲット★

 

 

海外留学保険について①

オーストリアのビザを申請するにあたって保険に加入しなくては!!

ということで旦那さんと保険の窓口に相談に行きました。

ネット経由で入ったりするといろんな種類があって、もしかしたら安いのかもしれないけど…2人分でちょっとイレギュラーだし、何より不安なので相談することにしました。

雨の日だったのでお客さんもおらず、ゆっくりとお話聞けました(・∀・)

 

結論としてはまだ加入できていません!!現在検討中。

何かには入らないといけないから、来週もう一度行って契約しようと思います。

勧められたのは

AIUの海外留学保険

 

www.aiu.co.jp

外資系の会社で、提携している病院が多いのがお勧めとのこと

歯科治療を受けた際の補償もあり

東京海上日動の海外留学保険

 

www.travel-hoken.net

日本の会社で、提携している病院は少ないけど、家族プランが組めるとのこと

家族プランにするとリーズナブル

 

同じような補償で試算してもらうとAIUは一人25万円ぐらい、東京海上日動は二人で38万円ぐらいと結構な差があることに。もちろんAIUのほうが歯科治療があったり、提携の病院が多かったり、値段相当なところあり。

でもやっぱり14万円ほどの差って大きいなぁ…( ゚Д゚)

とここまでならもう東京海上日動にしよ!!ってなってたけど、提携病院について疑問が。

私たちが行くのって留学にしては珍しいほうのオーストリア?しかもウィーンじゃなくてグラーツ?あれ?そもそも提携病院ってどれぐらいあるの??

保険の窓口の方がいろいろと電話で確認してくださいました。

東京海上日動はウィーンに2つ、グラーツにはなし!!

AIUは現地で問い合わせていただいたらご案内しますとのことで回答いただけず!!(え?!そんなことあるの?!)

 

保険の窓口の人も「不安ですよね~でもこちらもなんとも言えないです」とのこと。

すごく親身になってくださったのに…私たちも決められず。

今日本で加入している保険も海外でも使えるケースが多いので確認してみるといいですよ!と教えてもらい、一旦確認して再度相談に伺うことにしました。

今日加入して、大使館にビザ申請行って…と予定を組んでいたのですが、そう簡単には進まず( ;∀;)でも金額も大きいし、いろいろと確認してから加入したほうがよさそう。

 

とりあえず今加入している保険会社にもいろいろと確認してみようと思います!!